Park Hotel Tokyo Corridor Gallery 34

“The Act of Painting, Intuition (Works on paper)

Park Hotel Tokyo Corridor Gallery 34

8th May-7th July 2021

絵画における身体性について “直感” (紙の作品)

The Act Of Painting- 現代絵画の可能性を追求するわたしたちの活動にとって “直感”は とても重要なものだ。わたしたちは無意識を可視化することに関心を持っている。絵画を制作する過程で、無意識から生み出される”直感”は、思考の遥か前からはじまっている。身体意識の延長として筆を用い、絵を描く者は絵画の中で自己の存在を再確認する。美術家は、自ら創り出す空間の一部となると同時にそれを観察し、自身の行為について考え、評価している。よって、生み出される作品はつくり手の個人的な意識に限りなく結びついている。作品には表現者それぞれの感性により、身体性や構築性が強く現れてくる。

今回発表する紙作品には 無意識を反映した抽象的な概念が 挿入、適応、具体化されている。紙に描いた作品は、美術家の個人的な記録、大規模な記念碑的な作品のための日記や習作として鑑賞することもできる。それらの作品は 思考そのものであり、変化しながら探求される掴みどころのないイメージでもある。更なる実験の余地があり、例えば油彩画と比較すると柔軟性を帯びている。この柔らかさ故に、作品には”直感”が反映されている。

美術家集団 “The Act of Painting” による ”直感” (紙作品)の展覧会は 銀座・ギャラリー枝香庵をはじめ、パークホテル東京 コリドーギャラリー34、宝塚市立文化芸術センター・キューブホール、(札幌や福岡(調整中))へと巡回しながら、抽象芸術家のための国際的な地位を確立することを目的としている。わたしたちは常に、絵画に対する新しい接し方を追い求めている。日本各地の展覧会では、現地のキュレーター、美術家などと交流をしながら、西洋の概念と 東洋の視点との融合を試みる。その融合は絵画における”直感”の意味を探求する豊かな土壌を築く 更なる発展の鍵となるだろう。

レイモンド・ケホパーズ (アムステルダム 2021年1月)

The Act of Painting, Intuition (works on paper)

Intuition covers a great deal of what The Act of Painting collective’s exhibitions and projects are about. Selected artists are concerned with making visible the unconscious. In the process of painting, the act itself is often hundredths of a second ahead of the thought. 

With the brush as an extension of the body’s awareness, practicioners create a painterly environment in which their own presence isessential. They are part of the space they are creating and are simultaneously observing, appraising and considering their actions. Thus the works theycreate are closely related to their personal consciousness. Depending on existential differences the works may have a gestural appearance or a more constructed figure. In these works on paper the abstract notion of the unconscious is being inserted into the image, adapted, materialized. The works on paper can be seen as personal notes of the artists, journals, studies for large-scaled monumental works. They are thoughts, volatile, searching, non-fixed images. There is room for experiment, the works are less loaded than an oil painting for instance. The lightness provides the brain an opportunity to manifest itself in a more intuitive way.

In this series of exhibitions, starting in Tokyo at Gallery Echo-Ann and continuing at Takarazuka Arts Center the artist’s collective The Act of Painting establishes itself as an international platform for abstract artists. Furthermore, the collective explores new ways of approaching painting. By inviting Japanese artists to participate in the shows, The Act of Painting is merging the eastern vision with the European notion of intuitive painting. The fusion can prove to be a fertile ground for further development in defining intuition.

Raymond Cuijpers, Amsterdam, January 2021